何が決め手?レンタルオフィスの選び方!

オフィスの立地は面と点で決まる!

どのエリアにオフィスを構えるかを「面」と言い、そのエリアの中でどのビルに入居するかを「点」と言います。 名刺に刷られた住所によって、企業の実力を計るといった日本独特の風潮はまだ根強く残っています。そのためレンタルオフィスを利用する際に、一等地の住所に入居する事によって高い信用性を得る方法は、起業をしている人達にとってよく採用されている方法です。しかし良いエリアにオフィスがあったとしても、そのオフィスの実際の実力より上の信用性がもてるといった事ではないので、注意しておきたい部分でもあります。 そして次に「点」の立地ですが、これを決めるには業務の内容によって適している場所は異なってきます。例えば、来客が多い場合は交通のアクセスが関係してきて、集中力を必要とする作業が多い場合は、閑静な場所が必要となってきます。またオフィス街を避ける事によって賃料を下げる事が出来たり、駅から遠くなる程、また築年数が経つ程家賃は安くなります。工夫する事で、最適なレンタルオフィスを見つける事が出来るかもしれません。じっくりと探してみる事をお勧めします。

  

エントランスは企業のイメージに大きく影響を与える!

ビルのエントランスは、ビルの印象や企業のイメージにとても影響を与えてしまいます。見た目がすごく豪華だとしても、清掃がされていない場合には、良い印象を与える事は出来ません。またそのビル自体が、ちゃんと管理されているようには思えません。そういったビルの特徴には、「入居している企業が社名板にない」「入居していない企業名が社名板に記載されている」「郵便受けに郵便物がいっぱい入ったままになっている」といった事が考えられます。レンタルオフィスを探す際には、まずビルのエントランスの社名板と郵便受けをチェックする事が重要になります。 また好ましくない来客をビルの中に入館させないためには、エントランスのセキュリティゲートが必要となってきます。しかし中小規模のビルでは、セキュリティゲートを設置しているビルはほとんどありません。そのためオートロックが設置している物件や管理人が常駐している物件や、警備会社のセキュリティシステムに加入している物件、などを探す事が必要となってきます。