レンタルオフィス?そもそもそれってどんな仕組み?

レンタルオフィスのシステムについて紹介します

レンタルオフィスとは、仕事をするための場所と備品が整えられたオフィス空間を、一定の期間レンタルできるサービスの総称です。 ビルや建物の大家と賃貸借契約を結んで不動産を借りて事務所を構えるよりも、手軽に仕事場所を用意することができ、イニシャルコストを抑えることができます。 契約の種類としては、月極め契約や時間貸しが一般的です。個室タイプや、大きな部屋をパーテーションで区切った一角を借りるタイプ、あるいは机と椅子を借りるもの、シェアタイプ、バーチャルタイプのオフィスなど、運営会社によってレンタルできるオフィスの種類は様々です。 また、起業支援の一環として各地の自治体などが運営しているレンタルオフィスもあります。 インキュベーションオフィスと呼ばれているこの施設は、入居にあたって一定の審査があり、しっかりとした事業計画の提出が求められ、入居後も定期的な審査がありますが、安くて便利なオフィスを借りることができます。

  

レンタルオフィスの種類とその内容について

個室タイプは最もオーソドックスなレンタルオフィスの形態です。部屋の広さや備品、環境などはオフィスによって千差万別なので、金額だけで選ばず、実際に確認してから借りることをお勧めします。 パーテーションで区切られた一角や、机を借りるタイプは、部屋貸しタイプより安い場合が多く、より手軽です。 シェアタイプとは、事務所にある机や椅子を、複数人でシェアして利用するタイプです。カフェのように開放的な造りの所も多く、ノートパソコンさえあればどこでも仕事ができる方であれば、手軽で便利です。 バーチャルオフィスは、実際の空間を貸すのではなく、住所や電話番号だけを借りることができるタイプです。事務所として自宅の住所を公開することによるトラブルを避けるため、個人事業主や事業を始めたばかりの方がこのタイプのレンタルオフィスを活用しています。バーチャルオフィスをレンタルすることにより、電話の取次や配達物の転送サービスを受けることができます。